自分の子供を塾に通わせるか家庭教師に来てもらうか多くの人が悩むと思いますが、それぞれにメリットデメリットがあります。

まず塾は大勢で授業を行いますので、それなりに勉強ができないとついていけません。

 

ですので勉強がそれなりにできてもっと成績を伸ばしたいという場合は、塾の方がオススメです。

 

一方、全く勉強ができない場合塾だと勉強についていけません。

特に塾は学校と違って勉強ができなくてもあまりフォローをしてくれません。

 

ですのでますます勉強ができなくなって行く、というケースもあります。

あまり勉強ができないという場合は家庭教師の方がオススメだと思います。

 

また家庭教師大学生などが多いのですが毎回同じ人がやってきてくれるので、信頼関係ができてよく勉強するようになると思います。

 

授業料ですがこれはやはり家庭教師の方が割高です。

家庭教師は1時間3~4,000円くらいが相場です。

なので週2回90分頼んだとすると、1か月で月40,000円を超えます。

 

これはそれなりに経済力がある家庭にしか無理です。

 

一方、塾の場合もう少し安く月30,000円くらいで通わせることができますが、このくらいの費用を使っている家庭が最も多いと思います。

結構かかるものですね。

 

勉強が苦手な子供の成績をアップさせて中学校や高校に入学させようという場合、個人的にはまず参考書などを購入して親が勉強の面倒を見て基礎的な力がつけて、成績が学校のクラスの真ん中くらいまで来たところで、塾に通わせるのがいいんじゃないかと思います。