子供の成績を本気で上げるためには、学習塾それとも家庭教師?

我が家はわりと教育に熱心な方です。

子供達には小学生の頃から本格的にかなりの時間をお勉強に費やしてきました。

 

シンプルに言うと、「努力すれば必ず成績は上がり点数は確実に取れる

これは、どのような事も同じでやった分はなんでも、もとはそれなりに取れるものです。

 

しかし問題は、その課程、中身です。

その策をいまいち掴めない子が成績を上げる事ができない。

 

そこで我が子の成績を上げたく、どうしようかと考えることの多くは子供を学習塾に通わせるか、それとも家庭教師を雇うかどちらにするかです。

 

そこで、学習塾・家庭教師の選択肢ですが、まず初めに考えるのは、お子さんの性格、ご自分のお子さんは集団の方があっているのか又は、少数で行った方が合うタイプなのかです。

 

はじめに、学習塾の利点を考えてみましょう。

学習塾は集団であり、その場所には皆成績を上げるために通ってきているとい事ですから本気で勉強に取り組んでいる子達は、周りの子よりも良い成績が欲しいので互いに切磋琢磨し競い合い向上できる場所となり、また子供達の情報の交換場所ともなります。

 

次に学習塾の短所。

学習塾は一般的に集団ですが、まさにそれこそが短所なのです。

 

用は、学校と同じと言えば、ほぼ同じ環境に近いというのが学習塾です。

上記にも記しましたが、それこそが子の性格に関わるので本気で成績を上げたいのならどこの塾でも入れれば良いという考えではいけません。

 

今まで、我が子の成績を上げたいと考え対策をとった親御さんを多く見てきましたが最悪なパターンは、どこでもいいからとりあえず塾に入れれば成績が上がるだろうと思っている方も多いのが現実です。

そのような親御さんの似通った性質として考えているのは、「塾に通わせているから大丈夫だろう・・」という思い込み。

 

親御さんは、子供が塾に通っているという名目だけで要は安心しているという方が実際の所多く見られ、結局ふたを開けてみると成績は上がらず中途半端に高い授業料をは払い続け、それでも尚、結果が出なくとも同じ塾に通わせ続ける現象があります。

 

それは、おそらく一種の脅迫観念に近い何かがそこにはあると感じています。

 

話を戻しまして・・・

家庭教師ですが、これはシンプルで利点、悪い点一色単に言いますと一対一の向かい合ったお勉強方式なので、一番左右されるのがその家庭教師とお子さんの相性が物をいます。

 

次に感じるのは家庭教師となる方の学歴、これは中流で良いと感じます。

ランク的にもちろん最高峰の出身大学の方が理想ですが、まず人材が不足している事とかなりの時給がかかります。

最高峰だからと言ってお子さんと性格が合うかはどうかは別と言う事と、教え方の問題があります。

 

子供はその子の性格に合わせて上手く接していけば、通常家庭教師であれば成績は上がります。

 

結論として言うと、少々親としてはため息もでますが教育にはお金がかかります。

本気で成績を上げたいのなら学習塾、家庭教師ともに中途半端な費用の場所に通わせるのでなく実績のある場所、環境に通わせるのがベストだと考えます。

 

学習塾、家庭教師ともにランクがもちろん存在し、ただお金をかけなさいと言うのではありません。

ただ現実に世の中はお金と学習力アップは切っても切り離せないと実感しています。

 

しかし、そのランクにおいては、その後のお子さんの進路を考え、どのようなランクを選ぶのもよしだと感じています。

ここでは、本気で成績をアップと言う観点から金額的な物を出して述べました。

塾と家庭教師それぞれの特徴と選び方

子供に学びを提供するものという前提は同じでも、塾と家庭教師はそのシステムにおいて全く異なるものです。

塾も家庭教師も、子供の成績アップに役立つものですが、どちらが向いているかはお子さんの性格や、苦手としている科目の内容によっても違います。

 

闇雲に有名塾を利用したところで、お子さんの成績が確実に良くなるとは限りませんので注意しましょう。もちろん、評価の良い家庭教師を利用した場合もまた然りです。

 

塾の利用に向いているか否かは、競争意識の高さから判断することができます。

同学年の子が集まる場所で、学校の授業の延長戦的に行われる学びの時間に対して、他者の存在を目標や負けたくない相手として捉えられる子供は、塾にて学力アップが期待できる子となります。

 

家庭教師の方は、学校の授業のスタイルのせいで、成績を伸ばすことができなくなっている子供に有効です。

躓いている部分に応じて指導してくれる、マンツーマンのスタイルによって、本人が驚くほどに成績をアップさせる子も少なくありません。

 

自分にどんな勉強スタイルが向いているのか、子供自身にもわからないということはあります。そのような場合にはわからない子供に強引に決めさせようとせず、親として勝手に決めてしまおうともせず、両方の体験授業を受けてみて相性がよさそうな方を、本人の感想を聞きながら一緒に考えてあげるといいでしょう。

 

どんなに優れた先生がいたとしても、本人のやる気がなければどうにもなりませんので、子供の気持ちを優先して選択をするのがポイントです。