うちの息子は小学生の時から物事を自分が納得いくまで調べたりしないと気が済まないタイプでした。

 

算数でも公式に当てはめれば簡単に解ける問題でも、息子は自分なりの解き方で正解しないと納得いきませんでした。

小学校の先生もそんな息子のことを理解した上で、とても頭がよいが中学に上がってテストで点が取れるかは別問題だと評価していました。

 

小学生までは通信教材で勉強してました。6年生過ぎた頃までは毎日欠かさず問題を解いてました。中学に入る前に息子と集団塾に入るかどうか話し合いました。

 

最終的には息子が自分で4月からに行くことを決めました。

理由は途中から部活との両立するのは慣れるのに大変なので、最初から忙しい(厳しい)状況で始めたいというものでした。

 

それから週2回の塾生活が始まりました。入塾したときは下のクラスでスタートしました。

入塾テストの点数が悪かったからです。

 

息子はそれがなんとも悔しかったらしく、次のクラス分けテストの2週間前から部活が終わった後、塾で授業がない日でも毎日塾へ行きテストのための勉強を自習室でしました。

毎日塾で問題集をもらい、来る日も来る日も解いていたそうです。

 

その結果クラス分けテストは上のクラスになりました。でもそれだけではなく、塾で成績が1番になってしまったのです。塾の先生も息子の頑張りにはとても褒めてくださりました。

 

その塾で1番になったことも息子の自信につながり、中学校の中間テスト、期末テストの何週間も前から塾がない日も塾へ行き夜遅くまで自習室で勉強して帰ってきました。

その努力も報われ、ほどんどのテストで1番の成績を収めることができました。

 

私は息子には「勉強しなさい!」と言ったことはほとんどありません。注意しても言い返してくるだけで、自分がやろうと思わない限り動かないのはわかっているからです。

なので今まで我が家は息子自身の意志を尊重して、口うるさいことを言ってきたことはありませんでした。

 

それが逆に「自分が考えて行動する」ことにつながったと思います。

また、自分が努力すれば結果が出ることも息子自身が納得して理解できたのでしょう。それが息子の成績への結果と結びついていると思います。

子供の強みをつくるには

現在、小学生1年生の子供を持つ親です。今の子供に必要な能力は二つあります。

一つは自立する事、もう一つはコミュニケーション能力があります。

 

私自身、学生の頃から勉強が得意な方ではありませんでした。その理由に、勉強があまり好きではなかったという点があります。

 

一つ目の自立というのは自分で考えて自分から行動するという意味で、一番大切な事は勉強を好きになってもらうということです。

その為には、学校の宿題の問題に対してもなぜこの答えになったのかということ、この「なぜ?」の問いかけを常に子供に問いかけ、その理由を考えてもらうことが必要です。

 

1+1=2という当たり前の答えを教えるのではなく、答えから逆算して2の答えになるにはどうしたらよいのか?引き算での応用がきくように考えて答えを導き出すことが必要になります。

なので、はじめは問題量を多くこなすことよりもこの「なぜ?」を考える時間をとってあげること、そして、ポイントは一緒になって考えてあげることが必要です。

ですので親の方も、教えてあげるの意識ではなく一緒に考えるの意識をもって取り組むことが必要です。

 

この習慣は大人になって働く上でも大切なことになってくるので、是非取り入れて頂きたいです。

そうすることで、二つ目のコミュニケーション能力が必然と身につくようになります。

 

親はもちろん学校の先生や友達になぜこの答えになるのか自然と質問するような習慣がついてきます。

 

勉強はなぜ?の意識が身につけば勉強に興味をもつようになり、それが自立する能力を身につけます。

人とのコミュニケーションにもスムーズになり、楽しい毎日が続くようになります。

 

子供に幸せな人生が訪れるよう、私達、親が寄り添い一緒に考える習慣を身につけましょう!