a0007_000192

 

 

h4家庭教師あすなろで高校受験に合格しました

 

 

私は中学3年生で高校受験を控えたときに、両親が成績が芳しくなかった私を心配して家庭教師を頼んでくれました。

 

月謝は2万円ほどでした。

授業回数は週2回で月に8回程度になります。

 

私を担当してくれた先生は高専卒の方で、当時30歳ぐらいだったと思います。

 

見た目が若かったこともあり私にとってはお兄さんのような存在でした。

その先生に担当してもらったことで良かったこと悪かったことをまとめたいと思います。

 

まず良かったことといえば、「授業が非常に楽しかった」ことです。

家庭教師の先生というのは相性も重要と言いますが、それは本当だと思います。

 

お兄さんのような先生だったので気分良く授業が受けられました。

また、あえて悪かったことを挙げるとすれば私の方がフレンドリー過ぎて「緊張感が無かった」ということだと思います。

 

先生の方は至って社会人として節度のある対応でしたが、私の方がたまになあなあになり過ぎて先生に怒られたことがあります。

 

その後は、しっかり教えて頂いた甲斐があって集中して勉強するスタイルが身に付きました。

おかげさまで無事に志望高校に合格することが出来ました。

 

家庭教師というのは、受ける生徒自身がどのような目的で依頼しているのかを明確に理解していることが大切と思います。

 

私の場合は高校に合格するというゴールがあったのが良い結果に繋がりました。

 

そして、私は高校受験に合格した後も「何故か」先生に見てもらっていました。

もしかしたらお別れしたくなかったのかも知れません・・・。

 

私自身はそのとき明確な目標は持っていませんでした。

漠然と大学に行きたいくらいのことは考えていましたが、その為に家庭教師に依頼しているという意識はありませんでした。

 

もっとも、家庭教師に見て頂いていたことで高校の成績はいつも上位でした。

お世話になった先生には今も感謝しています。

 

li610_02

 

seisekiup_net家庭教師のあすなろ

 

㈱ひのき運営の家庭教師紹介

基礎編と実践編の2つの授業が選べる

 

li610_02