a1180_007220

 

家庭教師を頼む上で私が一番検討したのは「家庭教師センターにするか個人家庭教師にするか」です。

 

家庭教師センター」はCMでもやっている進学に関してはピカイチ!の実力派「家庭教師のノーバス」が有名ですね。

 

個人家庭教師」は、基本的に足で探すという感じです。

知り合いに頼んだり、大学生などがスーパーなどに「生徒募集」の張り紙を貼っていたり。

それを参考に自分の子供にあった家庭教師を見つけるという手順です。

 

センターに頼むときに気になるのは、料金はどうなっているのか、ということ。

人材派遣ですから、そこそこのお値段はします。

 

良心的なセンターもあれば、参考書などを全て揃えなければならず初期費用から何十万もかかるようなセンターもあります。
またセンターの決まりも細かくあり、勉強が遅延したりすると延長料金も発生することがあります。

 

しかし、家庭教師はたくさんいるので、我が子にあった家庭教師を探しやすいかもしれません。

ほとんどのセンターは最初に面談でその家庭に合いそうな家庭教師を探してくれます。

 

苦手教科を重点的にやってほしい」、「ここを強化したい」などの細かい要望を出しやすいですし、いわゆる「プロ家庭教師」なので勉強に関しては安心できます。

 

一方個人家庭教師は、大学生などが個人的に行うことが多く、謝礼として報酬を払います。

センターで家庭教師を見つけるよりも格安なこともあり、本格的に勉強させたい、よりも毎日の勉強の補助に、と考えるなら個人家庭教師でもいいかと思います。

 

知り合いに頼むこともあり、家庭教師となる人がどんな人なのか分かってから頼めるというメリットもあります。

 

結局は近所に家庭教師をしている学生も知り合いもいなかったので私は「家庭教師ノーバス」に頼みました。

 

受験までの1年半でしたが成績アップだけでなく勉強への取り組み方も教えてもらい、結果的にはセンターで探して良かったと思います。

 

 

check家庭教師経験者が教える良い家庭教師の見つけ方

 

 

人生は学歴ではないといいますが、日本ではまだまだ学歴が重要視されています。

 

もちろん、立派な学歴を持っていてもどのように生きるか、今までどのように生きてきたかで人生は大きく変わります。

 

家庭教師は、予備校や塾などと違い、マンツーマンが基本です。

どのような家庭教師に出会うかはその後の人生に少なからず影響します。

 

勉強だけでなく人生の歩き方を教えてくれるような家庭教師に出会うにはどうすればよいのでしょうか。
家庭教師をはじめて頼むという場合、まず悩むのはどこで家庭教師を見つけるかです。

 

大手のところや少数、個人のところがありますがおすすめは大手の「プロ家庭教師」です。

 

個人家庭教師は、大学生が授業の片手間にやっているところも多いです。

 

私自身、大学生の時のバイトで個人家庭教師を経験しましたが、研修などはほとんどなく自己流でおしえるように言われました。

これでは、近所の大学生や親戚におしえてもらうのと何のかわりもありません。

 

その点、プロの家庭教師は教員免許を所持していたり、きちんろ研修をうけていたりするので安心です。

また、学生ではなく社会人なので人生経験も豊富です。

 

価格は大学生のバイトに頼むよりは高額ですが、本気で子供を受験に成功させたいならプロのほうがやはり確実です。

 

また、はじめは夏期講習や春期講習などの短期で始めるのもおすすめです。

 

どんなに優秀な家庭教師でも、子供との相性は実際にあって見ないとわかりません。

家庭教師はマンツーマン、二人三脚で勉強をしていくものなので相性はとても重要になってきます。

 

特に、思春期の子供達の場合は、異性より同姓のほうが気楽に授業を受けることができる場合もあります。

 

まずは短期ではじめてみて、子供との相性に問題がなければ長期で続けてもらうのが得策です。