a1180_007182

 

 

h4家庭教師を雇う時に注意する点とは

 

 

家庭教師というのは、塾よりも成績が上がりやすいと思われがちですが、しっかりと家庭教師に相応しい人を選ばなければ結果は違ってきます。
ですので、この機会に家庭教師の選び方をしっかり学んで、お子さんの希望する学校に進学できるようにしましょう。

 

まず第一に家庭教師というのは、学歴等の育ち方の良し悪しはもちろんのこと、同等に大事なお子さんとの相性も非常に重要な点です。

 

例えて言うと、精神科に通う際の医師との相性と言ったところです。

 

いくらプロの家庭教師を雇ったとしてもお子さんとの相性がマッチしなければ、成績向上はおろか勉強自体嫌いになってしまうこともありえます。
ですので、家庭教師を雇う際は、できるだけ「体験授業」をする必要があるのです。

 

家庭教師の紹介冊子だけでは雇う人の中身はほとんどわかりません。
安易に学歴や授業料だけで判断してはならないのです。

 

授業料については、月謝制で基本別途教材費が掛からない家庭教師がおすすめです。
家庭教師というのは、お子さんがわからない問題や解法をわかりやすく丁寧に教えてくれる人が大切です。

 

さらに時間の配分を弁え計画的に授業を進められるという人が理想的でもあります。

また、授業を受けるお子さんが苦手な科目を得意とする家庭教師を選ぶことも大切です。

 

なぜなら、各科目の得意不得意によって教える質も変わってきます。

得意であればあるほど教える際、わかりやすい説明をしてくれるのです。

 

なにより、一番大切なのは、さきほど言った通り、お子さんと家庭教師の相性の良し悪しですので、気持ち早めでありながら慎重に検討をしていただくことをおすすめします。

まずは、無料の体験学習でじっくりと比較検討してみましょう。