a1180_009255

 

 

h4昔の家庭教師とは違う新スタイル、個別教室のトライとは?

 

 

塾か家庭教師か…悩むところだと思います。
費用や進学指導のサポートなどを考えると塾だし、個々の苦手分野をフォローしてもらうには断然家庭教師だし。

 

わが家も、とても悩みました。

 

そこで家庭教師を派遣する「家庭教師のトライ」に問い合わせをしたところ、丁寧に回答していただきました。

 

私の先入観で、家庭教師というものは学生アルバイトだと思っていたのですがそうではありません。
今は大手進学塾でそのシステムに疑問を持った講師の先生方が、自分のスキルを発揮できる場としてどんどん家庭教師に流れているのだそうです。

 

しかも驚いたことに、家庭教師なのに「個別教室」を持っているのです。

 

家ではなかなか集中できない、人気の講師の先生の予約がとれない…そういった不満を解決するためにところどころに小さな教室を持ち、冷暖房完備の勉強しやすい環境で教えてくださるのです。

 

講師の方の移動時間がないことで、コマ数を多く持つことができる工夫なのだそうです。

 

つまり「現代の家庭教師は個別指導塾のようなもの…」ということでしょうか。

 

家庭教師の先生にお夕飯を用意して…という昔のスタイルはもう廃れてしまったのだそうです。
時代が変わったのだなぁ…と思いました。

 

また、進学サポートについても進化しています。

 

進学専門のカウンセラーがいるので、講師の先生は勉強を教えることだけに専念でき、カウンセラーが模試や面接などによって打ち出す個々のプログラムに沿って苦手分野を重点的、徹底的に攻略していくことができます。
大手の塾となんらかわらぬサポート体制が整っています。

 

難を言うならば、その金額でしょうか。
正直、塾よりコストはかかります。

 

ですが、どうでしょう。
そこで金額のことで家庭教師を選択肢から除けた結果がよくないものだとしたら…。

 

親としてできる限りのことをしてあげたい。

少し無理をしてでも、いい教育を選んであげたい。

 

その気持ちがあればなんとかなるかな…と思うのです。